Column ー 岡田コラム

2007.03.23

ガメラになった急須。
最近スカイプにはまっている。
ニューヨークに住んでいる娘と電話代を気にせず通信できるからだ。

その夜のこと、わたしはウキウキしていた。
新しい急須が焼きあがってきたのだ。
さっそく娘に見せようと、急須をパソコンのカメラの前に置いた。
ところが娘は、急須を見るなりいきなり電源を切った。
後で聞いたところ、気持ち悪くなって吐いたのだという。
なんてことだ!!!
もう二度とスカイプなんかやるものか。

まぁ素敵、というものがなかなかできない。
家族の期待を裏切るものしかつくれない。
めざすところが違うのだと、そのたびに自分に言い聞かせている。
たいていは、ヒエーというものになってしまう。
このなってしまう、というところをだいじにしたいと思っている、のだ。

copy&photo/Kunitaka Okada design/Junichi Kitagawa